下顎前突の歯列矯正症例のご案内■歯列矯正のスペシャリスト

掲載の矯正歯科医院のDr(歯列矯正のスペシャリスト)による
「下顎前突」の症例の一覧ページです。

歯列矯正症例案内■歯列矯正のスペシャリスト~優れた矯正歯科医のご紹介


 

歯列矯正の症例ご案内

優れた歯列矯正医の症例を不正咬合の種類毎に一覧にまとめました。
写真または詳細ボタンをクリックすると、その歯列矯正症例の詳細がご覧になれます。また、医院名称をクリックすると医院の詳細がご覧になれます。

【不正咬合の種類】

上顎前突 上顎の過成長があり、「出っ歯」がこれに入ります。
下顎前突 骨格的に下顎が大きい状態で、「受け口」を呈します。
上下の前歯が、前後逆に噛んでいる「反対咬合」になることもあります。
開咬 奥歯で噛んでも前歯が開いてしまう咬み合わせのことです
叢生 歯が凸凹に生えている状態です。「乱杭歯」ともいいます
過蓋咬合 下の前歯が見えないくらいに噛み合わせが深い状態の咬み合わせのことです

下顎前突の症例

治療前後
医院名称
治療期間
詳 細
下顎前突の歯列矯正治療前 下顎前突の歯列矯正治療後
1年5ヶ月
詳細